遠まわしに使うクレジットカードの手法はたやすいです。クレジットを経由してストレートに買えない物を直で購入するという事ではなく、遠まわしに買い付けしたらいいのです。解説が簡単なのでまずはじめにギフトカードの実例を採用して説明してみたいと考えます。ある女性が有名なアクセサリーを買いたいと迷っています。その一流のコートを市販しているお店ではクレジットカードで払う事が許されていません。けれどもJCB、American Express、NICOSなどの商品券によってなら購入を許可してくれるという事です。そこでとある個人はカードで金券を買い付けする事ができる金券カード販売店に訪れクレジットを活用してJCB、MasterCard、Diners clubなどのギフト券を買い付けしてみました。次いで利用したクレジットカードを駆使して買ったVISA、NICOSなどのギフトカードを売店に手に持ちいき手に入れたかった素晴らしいバックを買ったとします。「一体なぜその女性はそういった面倒なことするべきなの?」と訝しむ人もいるかもしれませんがその実先ほど示したプロセスを利用するのだったら本来は獲得することのないカードポイントが獲得できます。通常通り、直接お金を払う事で一流の財布を買い取りしたりした時でもクレジットポイントはもらえませんし、VISA、American Express、NICOSなどののギフト券を金で取り寄せした後使用してもクレジットポイントはゲットできません。しかし今説明した状況の時であるならVISA、MasterCard、NICOSなどの金券をクレジットカードで取り寄せしたという根拠で、一流のカバンを買い付けした場合とつりあう数のカードポイントがゲットできる事になります。こういう場合が段階を踏んでキャッシングを使った事になるという根拠により、間接的クレジットと言われているやり方です。