商店で全部の契約カードが使用可能なわけでもない▽カードの契約店舗はだいたい、二、三以上のクレジットカードのブランドとライセンスを結んでいますが、残念ながら全部の加盟店舗で全部の所有カードが切れるのではありません。

例をあげれば古い契約店の際だとJCBのロゴの書いてあるクレジットカードしか決済できない場面もあるし、今日日のお店だったりするとVISAやマスターの印の入ったものしか決済できない場面もあるでしょう。

ダイナースクラブカードなどのクレジットカードだったらよけいに決済不可な場面が増えるでしょう。

何のクレカが切れるかをどうやって判断したらいいんだろう「じゃあいかにしてどの印の所有クレカが使用可能かというのを見分けたらいいんだろう?」といってみても、きちんとしたことを判断するには該当店の方に尋ねてみる以外ないというのが残念だけどその回答です。

とはいっても大抵の店やショッピングセンターには加盟店のドアの場所に使用できるクレカ会社のロゴがプリントされたシールが貼り付けられているので、「ふーんそこの店はアメリカンエキスプレスカードが切れるんだ」ということがわかるようになってるし留意しておいてください。

というものの、正確に管理が行き届いていない加入店舗で用いる際にはステッカーが掲げられている店舗でも「当店ではご使用のカードは使えません」といった答えをもらってしまうなんてこともないといえなくもなく、あたふたしてしまうこともあるでしょう。

お勧めとしては可能な限り十分な数の加入店で有効であるようにする目的でもう一つのブランド(海外ロゴ)がプリントされている一般的なMasterCard、JCB、ダイナーズアメリカンエキスプレスカード、といったカードを2枚以上は申し込んでおくようにして欲しいと思います(例:ニコスカードをいつも使っているなら他方はダイナースカード付きのクレカを携帯するようにするといった方法)。

日本ではVISA、マスターカード、JCBの3つのブランドが書いてあるカードを常時持っておけば、おおむね日本全土のカード決済可能店舗で3枚のうちどれかのカードを切ることが可能です。

カードを活用して有効にスマートな支払いを目指すためには、できる限り早めに上記のクレカを申し込んでおいてほしいとおもいます。

  • Copyright © 2012 www.yumetoko.com All Rights Reserved.