残念だが現実では極まれにあるケースを除外してギフトカード販売店で買い物をしてもクレジットカードを用いる事が出来るところなんてものはありません。

このためMasterCard、Diners clubなどのギフト券を使用した直接的でないクレジットカード使用の事例はろくには全く実行する事はできないなのです。

それではどういう手法を活用すれば間接クレジットカードが出来るのでしょう?と言われればその手段とは現在、流行りの電子マネーといったEdy(エディ)、であったりICOCA、VISA Touch、nanacoなど。

実のところ、このようなもの使用して直接的でないカードをする事が可能になるのです。

Edy、だったりICOCA、nanacoなどはクレジットカードで買うことが出来るのギフト券:Edy(エディ)、Smart Plus、とかWAON、nanacoなどに慣れていない者からしてみると漠然と手を出しづらい感じを持たれるかもしれませんが、このような電子マネーという物はいうなら普通の商品券なのです。

JCB、Diners clubなどの券となんらズレはないものなのです。

そしてこういった電子マネーはカードを運用してたやすく買い入れ出来ることが特徴であるのです。

さらにこういった電子マネーはこのところ、スーパーを始まりとしてドラッグストアや多様なお店なんかにおいても駆使する事が出来得るようになっている。

「当売店ではカードはご運用できません」と書かれてあるような売店であってもEdy(エディ)、iD、であったりSuica(スイカ)、nanacoなどなら利用できる実例が色々あるのです(クレジットポイントが確実にゲットできる)。

言い換えればカードが活用できない店舗で遠まわしにクレジットカードを実用する手法で、クレジットポイントだけもらってしまおうという技術です。

普通に高いショッピングをエンジョイするだけだとつかないポイントだから是非、駆使法を参考にして欲しいと思います。

  • Copyright © 2012 www.yumetoko.com All Rights Reserved.