予測せずいきなり出あってしまうのが自動車事故です。自動車保険見積もりプレゼント

その場面でどんな行動したかで、自動車の保険料の受け取り額も大きく変化する時も想像されますので考え方と行動が不可欠です。湯上りカラダ美人

予測できない状況に出会って冷静さを失ってしまうのならば必要不可欠な対応を見過ごしてしまい後々あなたがかなり大きな損をする場面も予測できるので乗用車の事故に遭遇してしまったケースは以下の対応をします。アンダーヘアの永久脱毛

自動車事故の遭遇した場合にまずする事は重軽傷者の状況の確認です。小顔注射

乗用車の事故の後すぐは気が動転するあまり虚脱状態になってしまうケースがあり直ちに対応できないのが現実です。

ですから、負傷した人がいた場合は危険が少ない場所に移して応急手当をして救急車を呼ぶようにして要救助者最優先を心掛けましょう。

119番に電話をする状況では正しい事故があった場所を伝えて不明確な場合は周辺の分かり易いデパートや地点を知らせ位置が判断できるようにします。

2番目に110番に電話して、事故が起きた事そして現在の状況を話します。

救急車と警察が来るのを待っている内に事故相手の事を調べます。

姓名、TEL番車のナンバー事故の相手側の保険の会社名という相手だけでなく自分の身元をやり取りします。

その場面で事故の相手に過失がある場合はそこで処理するケースが考えられますが事故現場で解決するのではなくどのような状態でも警察や保険会社に届け、ちゃんとチェックしてもらいます。

互いの情報をやり取りしたら他の交通の妨害になるのを避けるために障害となる物を道路から取り去ります。

仮に被害が誰かの車の妨げになっている場合には、相手と自分の情報交換をするより早くこれを行ってしまっても問題ありません。

そして自らの加盟している保険屋さんに連絡を入れて、事故が起こった事を報告します。

自動車事故から一定の期間内で自動車の保険会社に連絡しておかないと保険の適用外に場面も想定されますので気がついたらすぐに行うことが大事です。

出来るのならば事故の現場の証拠として、手持ちのカメラやタブレット等で事故の現場や自動車の破損の状態の写真を撮ります。

これは落ち度の割合決める際に大きな役割とできますので、自分の愛車や相手の乗用車の壊れた箇所をきっちりと証拠写真として残しておいてください。

その場面で第三者がいたとしたらおまわりさんや自動車保険会社の人が着くまで事故の現場にそのまま待ってもらうよう依頼するのも大事です。

  • Copyright © 2012 www.yumetoko.com All Rights Reserved.