現実にPCの前で、絶えず動いている市場を見てしまうと何やら取引をしたい衝動に影響される事も少なくないだろう。ノンシリコン 男性

しかし、あやふやな勘で取引するのは、絶対に避けてほしい。ドンキホーテ 仕入れ

事実、相場は24時間常にいずれかの国の外国為替市場が動いているし、市場もいかなる時でも、変動している。富士登山 服装

そうであっても、立て続けにエントリーを積み重ねるとその分損をする確率が高くなってしまいます。お金を借りるには

当たり前ですが、エントリーの数を経験することによって結果的に儲けられる確率が50%、50%になるのは周知の通りです。VIOは医療脱毛で

けれどもその事実は「漠然としたアイデアで注文」することとは別問題です。レモンもつ鍋

売買回数を積むというのは、「ここは勝てる」と思いついた確信を得られた状況でのトレード回数を積み重ねるという意味である。赤ちゃん ウォーターサーバー

理由がなく、休む間もなくエントリーを積み重ねるのとはかなり違います。

外国為替市場の戦いに勝利するためには、己で主体的にメリハリをつけることが大事だ。

「ここだ!」と思えた市場の時には、覚悟を決めて所有ポジションを買い増して儲けを狙います。

「少し頭をかかえる相場でどう推移するのか思いつかないな」と感じたならば観念して所有ポジションをひとつも残さないで見切りをつけて静観します。

そのくらいのメリハリをつける方が、最終的に売り買いは成功します。

相場の格言には「休むも相場」というものがある。

実に言葉どおりだと感じます。

取引とは常に売買ポジションを保持する事がすべてではなく、どの売買ポジションも所持せず待っている事も場合によっては相場なのである。

それならば、どの場面で休めばよいのだろうか。

ひとつめは、先述した通り、現在のマーケットが具体的に見通しがきかない時ですそこからどうなるのか判断できない時は、ヘタに動くと、自分で作った筋書きとは逆に外国為替市場が変動してしまい、損失を被ることになる。

だから、そういう時はポジションを減らして何もしないで黙ってみているだけが良い方法です。

2番目に、自身の体調が変なときです。

健康状態と相場に何の影響も与えないと考える方もいるでしょうが実際には思いのほかつながりがあります。

健康状態がすぐれなければ、外国為替市場の大事な場面で必要不可欠な判断を下すことができなくなります。

関心がわかない時は、FXから遠ざかる事も大事なことだ。

  • Copyright © 2012 www.yumetoko.com All Rights Reserved.