クルマを所有する人は知っていると思いますが、自動車税が徴収されます。全身脱毛 大阪

それでこの税金は査定に出す中古車の売却時に一般的に戻ってくるのです。老朽化と立ち退き料について

これというのは実際にやってみたら直ぐに頭に入ってきますがそれでは頭から順を追って簡易的に説明していきます。男 陰毛 脱毛

ちなみに注意書きさせて頂けば、日本のメーカーの自動車のみが対象ではなく外車も返還される対象に決まっています。

もちろん中古車もそうですね。

自動車税は自動車のオーナーが支払うものなのですが税額は自動車の排気量の大きさ毎に定められています。

1リッター以下ならば29500円、1リッターから1.5リッターまでなら34500円。

これ以降は500cc毎に5000円増えます。

この税金は4月1日の時点の所有者が、年度内の税額を支払うように定められています。

つまりは前払いになるので当然ですが愛車を売却して所有権を手放した際は前払いした分の税は還ってくるんですね。

この自動車税というのは前払いで来年3月までの全額を納付しますからその翌年3月までの間に自動車を売ったときは、新しい保有者が税金の納付義務を負うということになります。

売却先が専門店なら、売却した際に所有者が払いすぎた税額を返還してくれます。

つまり所有権が移った瞬間以降の自動車税は権利が移った所有者が支払わなければならないのです。

もしも10月のうちに自動車を買い取ってもらった時は、11月以降翌年3月の間までの自動車税は戻ってくるのです。

というのも前述の通り自動車税というのは一年分を前払いしているということからもわかります。

まとめると、売却者は売却相手に払いすぎた税金を返還してもらうということになります。

個人的に自動車を売買する際に、結構このようなことに気づかない方が多くいるため、しっかり確かめるようにしなければなりません。

自動車税が自動車の売却で戻ってくるということを意外と知られていない事をいいことに、その状況を悪用している業者も存在します。

自分から税金についての話をしなければ、完全にそのことに関して触れないというケースも結構聞かれます。

そのためクルマの売却をする場合は自動車税が返還されるかどうかを聞くことをおろそかにしないようにしてください。

  • Copyright © 2012 www.yumetoko.com All Rights Reserved.