FX投資をはじめたばかりの方が市場の肝心なところを探し出すためには、まず実戦を積み重ねていく事が大切です。先に危険性を気付くようになるためには失敗を重ねる事も大事です。とは言うものの、負けたといっても、元に戻せないほど決定的な過ちをする事は論外です。小さいミスを何度か体験することが結果的に自らの場数を増やす事が出来ます。それを考えると、初めは少ない額でエントリーして何度か取り返しが付くミスをすることを推奨します。仮に、100万円だけしか投資する事が出来ない状態で深く考えずに100万円を一円も残さないで使って売り買いするとマイナスになった時立ち直れなくなってしまう不安があります。それより、ひとつの例として資金の10分の1ずつ小分けして取引して、それによってマイナスやプラスを繰り返したほうが、失敗を埋め合わせる方策なども学習していくはずです。最初はわずかなお金でトレードする事の価値は先に言及したように、己の経験を増やし、マイナスを制御する方策を学習していく事にありますが合わせて、売り買いの回数を積み重ねる事で、偶然性を削減する事ができるという良い点もあります。仮定として、1度だけのエントリーで儲けられる確率が二分の一だと考えます。すなわち、同じ条件で損する危険性もあるということになる。勝率50%ということは半分の率で利益が上げられる事を言い表しています。ですが、全部の投資資金を投資して1度のみのトレードをするということははっきりとした勝ちか、負けのいずれかになります。そのままではただの賭けと同じです。結局のところ、全財産を投資して1回こっきりの仕かけないと、これだけでは損する比率が高まってしまいます。これを回避するために、投資するお金を1度に全部投資するのではなく少額ずつ分けて、投資機会を積み重ねる事がリスク分散となる。だからといって数回に分けたとしても全てのトレードで勝つ必要はありません。はっきり言うと、全て勝つことは出来ないのが実情です。売買で不可欠なのは、勝つ回数ではなく、どのように稼ぐかです。勝率が2分の1でも勝率5割以下でも儲かる時は儲かる。負ける確率が高くてもその損益がわずかであれば3割の勝利のプラスの大きさだけで相当儲けられます。そのために必要な事は、損を小さく、利益を大きくを心がけることです。マイナスになったらすぐに損切りし、儲けられる時には出来るだけ大きく稼ぐ事がFX投資をはじめたばかりの方が外為取引で利益を上げる神髄です。