事故に遭った場面で自らが交通事故の被害者であっても、事故を起こした相手が間違いを一切受容しないという事例は多くみられます。ひとつの例として、わざと起こしてしまったのと違い少し他のことに気がいったことで相手の車をぶつけられた時などに言い合いに結果なってしまうケースがありそうです。とは言っても、現場で自動車のみの損害対応されて、後で体の変調が出てから通った病院の診断書を警察署に出すというのは遅れを取る事は仕方がなくなってしまいます。そうであるならば、事故の過失割合の認定にはどういう風な判定基準があるのでしょうか。正しく言うと、警察が決めるのは主に交通事故の大きな過失があるのはどちらかという責任の所在であって、「過失割合」というわけではないのです。その上、最終的に決められた事故の責任者が教えられる事はケースは考えられません。ですので、過失の割合は当事者の話し合いの結果によって明確にされ、それが自動車事故の賠償の算定のベースと判断されます。その場面で、当事者同士が自動車任意保険に加入していない時は、両方が真正面から話し合いを余儀なくされます。ところが、当然の事ですがその協議では、短絡的な応報になる時が高くなります。それに加えて、主張が食い違えば最悪、裁判での争いにまではまり込む、大切な時間と訴訟費用甚大な損失を避ける事ができません。なので一般的には、お互いの当事者に付く保険会社、その各々の自動車の保険会社に協議を一任する手法を使って、適度な過失の割合がどうなのかを丁寧に決定させるのです。この場合、自動車の保険会社は、以前の自動車の事故の裁判の結果から導き出された認定基準、判断例などを土台として、想定と話し合いを交えて過失割合を算出します。と言いつつも事故の場合では巻き込まれてしまったのか他者を巻き込んでしまったのかによらずまず警察を呼ぶのが原則です。その後保険屋さんに連絡して、以後の対応を委ねるのが順番になります。ちゃんとしたやり方さえ把握しておけば無益な話し合いとなる状態を回避できるに違いないのです。