普通の初心者用の外為取引の本では「マイナスになったケースではナンピン買いによって平均のコストを低くする事が出来る」等アドバイスしているが正直に言うとここには相当の落とし穴が待ち受けています。https://www.shikaku-king.com/ranking/syuusyoku-shikakuranking/

まずはじめに、ナンピン買いの理屈について分かりやすく記述します。PCマックス

例として1ドル100円でドルを買ったとする。税理士変更 大阪府

$買いですから円安ドル高に動くほど儲けが出ますが逆に1ドル=95円まで円高方向に進んだとします。

このままの状態で維持し続けたとしたら、損失が戻るためにはマイナス分、ドル高に動かなければなりません。

投資家であれば、損失は早めにリカバリしたいと願うでしょう。

この状況を変えるためはじめに売買したのと同じ額の$(ドル)を、1ドル=95円で売買します。

すると、ポジションの平均の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。

2円50銭の幅でドル高が進むと損失を回復できる。

こういったことがナンピンのやり方です。

このように、ナンピン買いの方法を知ると「なるほど」と思ったりするが外国為替市場は容易には思った通りにはなりません。

そもそも、1ドル95円が下値だということなどなんびとも想像できません。

マーケットが相当に強い円高の流れであれば1ドル=95円ではとまらず、円高にいくリスクがある。

97円50銭でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル95円まで円高ドル安が進んだら、ナンピンを入れた分についても損失が生まれることになってしまいます。

これでは、一番初めに売買したドルとトータルで、損を被ることになる。

それほど、ナンピンは一筋縄でいきません。

それなら、外国為替市場が己のシナリオとは反対の方向に素早く進んでしまった場合どんな手段で危険の確率を軽減すればいいのだろうか。

こういう状態で選択する道は限られています。

ひとつめは執着しないでポジションを閉じる事です。

もうひとつの方法としてはその時に、自分自身が所有しているポジションを縮小することで改めて市場が回復するのを何もしないで待ち望むことです。

ずいぶん後ろ向きな対策だと言う方もいると思います。

だが、自分の持っている買いポジションにマイナスが生まれた場合、リスクが低いやり方はこれよりいいものは考えられない。

言うまでも無く、理論上はナンピン買いをするという手段もあるように思えます。

けれどもナンピン買いは、損をしている状態で、買いポジションを減少させるどころか、それとは逆にポジションを積み増していく方法である。

この対策では、危険性をコントロールすることなどどう頑張っても不可能だと思ったほうがいいです。

ナンピンを続ければいつの日にか利益を上げられるかもしれません。

だがしかし、それより前にお金がショートしてしまうだろう。

  • Copyright © 2012 www.yumetoko.com All Rights Reserved.