借金に関しての引き落し方法というものは、金融機関によって随分差異がありまして、いろいなメソッドが取り入れられております。一般的なところではスライド方式やリボルディング払い方式が取り入れられているみたいです。またかかる誰しもが聞いたことがあるリボ払ですが、本当のことを言うと計算法には多様な種類というものがあるのです。よって其の様式によっては支払総額が異なってしまいますから、知っておいて損をするようなことはないと思います。理解しやすくこの2つの手法の違いについて解説します。最初は元金均等払いで、もう一つは元利均等払いというものです。両者はその名を冠する通り、元本に関して一様にして払っていくというのと元金と利率についてをあわせて均分に返済していこうという様式になります。この場ではもしも10万円をキャッシングしたと設定して、具体的に如何様な勘定をしていくのか試してみましょう。金利は双方とも15%と仮定して計算します。更にリボルディングについての支払は1万円というふうに試算します。差し当たって元金均等払いからです。この折のはじめの支払に関しては1万円に利息分の1250円を合計した金額となります。2回目の返済に関しては1万円に対して利息分の1125円を計上した支払額となります。かくして全部で10回にて支払を終了させるという様式です。一方、元利均等払いというのは1回目の引き落しについては1万円ですがそこから元本へ8750円利息へ1250円という具合に分配します。次回の支払は元金が8750円に減少した状態で金利を算定し、その1万円を更にまた割り振ります。別のことばで言えば、元利均等払いのケースでは10回で支払が完了しないといった計算になります。これだけのへだたりで二者がどれほど変わっているのかということが十分わかってもらえたことと思います。元利均等というものは元金均等と比べて、明瞭に元が減少していくのが遅延していると言う難といったものがあるのです。別言すれば利率というものを余分に支出すると言う状態になったりするのです。一方では、初回の引き落しが小さな額で済んだという長所も存在するのです。かような返済方法に関しての違いによって、返済額というものが変わってきたりしますのであなたの計画に合う計画を取るようにしてみてください。